羊の角

おおまじめだけれど低レベルを抜け出せない趣味のバレエとスケートのはなし

サテントップ:シルビア

サテントップ:シルビア

size 26 EE(広幅)
 
●感触●
ころんと丸いフォルムのボックス、先細
プラットフォームが丸い
ソール全体が柔らかく、体の重みでしなる感じ
 
単体のお写真がないので次に買ったグリシコと比べて撮った画像
 
16年ぶりだったので、ひとまず昔履いていたのと同じものを買ったお靴。たぶん昔はもうひとつ広い3E。
発表会で衣装に合わせたカラーポアントを履く教室だったから、私が通っていたころはトウシューズというのは先生からサテントップを渡されるものでした。大人になって再開してからトウシューズって合う合わないがあって、自分にあったものを探すものだと知ってとてもびっくりした。
 
シャンクがというよりソール全体がしなる感じで、ブランクというより能力的にほぼ初心者の私でも抵抗なく立つことができて、落ちる怖さもなかったけれども、体重だけでびっくりするくらいぐんにゃりと曲がるので今は合わないみたいでした。体重がすごく軽くて靴に掛からないか、引き上がって足のとても強い人がバレエシューズみたいに履くのがきれいな靴なのかも。
 
このお靴で3回くらいポアントクラスに出た後、1年間ポアント履く機会がなくなってしまったこともあり早めの引退。安くない靴をポンポン廃棄にするかなしみの第一歩目。